イベント情報

先着順記念講演会

① 「ルノワールの傑作《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》再考」 こちらのイベントは終了しました。
日時 4月28日(木)14:00-15:30(開場 13:30)
講師 シルヴィ・パトリ
(本展監修者、前オルセー美術館 絵画部門主任学芸員、バーンズ財団(フィラデルフィア)副館長/ガンド・ファミリー・チーフキュレーター)
会場 国立新美術館 3階講堂
定員 260名(先着順、申込不要)
その他 逐次通訳
聴講は無料。本展の観覧券(半券可)が必要です
② 「ルノワール芸術の魅力」 こちらのイベントは終了しました。
日時 5月21日(土)14:00-15:30(開場 13:30)
講師 賀川恭子(石橋財団ブリヂストン美術館学芸員)
会場 国立新美術館 3階講堂
定員 260名(先着順、申込不要)
その他 聴講は無料。本展の観覧券(半券可)が必要です
③ 「服飾史から読み解くルノワール」 こちらのイベントは終了しました。
日時 6月24日(金)14:00-15:30(開場 13:30)
講師 内村理奈 (日本女子大学家政学部被服学科准教授)
会場 国立新美術館 3階講堂
定員 260名(先着順、申込不要)
その他 聴講は無料。本展の観覧券(半券可)が必要です

先着順担当研究員による展覧会レクチャー こちらのイベントは終了しました。

日時 ①6月9日(木) ②7月2日(土) ③7月10日(日)いずれも14:00-15:30(開場13:30)
会場 国立新美術館 3階講堂
定員 260名(先着順、申込不要)
その他 聴講は無料。本展の観覧券(半券可)が必要です

事前申し込みワークショップ 「舞踏会の折り紙細工」

ワークショップ

※できあがりのイメージです。

日時 8月7日(日) 
①11:00-12:00 ②14:00-15:00 ③15:30-16:30
講師 COCHAE(コチャエ)
http://www.cochae.com/profile/
会場 国立新美術館 3階研修室AB
定員 各回子ども20人とその保護者
事前申し込み制(申込多数の場合は抽選とさせていただきます)
対象年齢 6-12歳
参加費 無料。
本展の観覧券(半券可)が必要です。受付時に半券をご提示いただきます。
応募方法 お申し込みフォーマットに必要事項を入力し、送信してください。
申込受付期間 6月6日(月)~7月10日(日)
結果発表 結果発表は7月15日(金)予定。
申込された方全員に事務局より当落メールを送付いたします。origami@adnap.jp よりメールを送らせていただきますので、受信できるようにご設定をお願い致します。
備考 報道の取材(スチールカメラによる撮影あり)が入る場合がございます。
予めご了承下さい。
受付を終了しました。多数のお申込ありがとうございました。

コンサート 「新倉瞳(チェロ)~ルノワールの美術と音楽~」こちらのイベントは終了しました。

新倉瞳さん

新倉瞳 Photo: Takaaki Hirata

塚越慎子さん

塚越慎子

演奏者

新倉瞳(チェロ)

プロフィールCLICK
にいくらひとみ
8歳よりチェロを始める。当時ドイツにて、ヤン・ヴィミスリッキー氏に師事。11歳で帰国後、毛利伯郎氏に師事。桐朋学園大学音楽学部を首席で卒業、卒業時には皇居桃華楽堂新人演奏会に出演。室内楽を徳永二男、原田幸一郎、毛利伯郎の各氏に、桐朋学園大学研究科において堤剛氏に師事。その後バーゼル音楽院ソリストコース・教職課程にてThomas Demenga氏に師事、両修士課程を最高点で修了。
2003年 いしかわミュージックアカデミーにてIMA音楽賞を受賞し、アメリカ/アスペン音楽祭に奨学生として参加。2007年 第28回霧島国際音楽祭 にて霧島国際音楽祭賞を受賞。2009年 ルーマニア国際音楽コンクール 室内楽部門 にて第1位を受賞。2015年スイスのベルンで開催された Orpheus Kammermusikwettbewerbにて入賞。同2015年、ポルトガルのリスボンで開催されたInternacional Verão Clássico 2015 チェロ部門にて第1位を受賞。

桐朋学園大学在学中に、EMI Music Japanより「鳥の歌」をリリースし、紀尾井ホールにてデビュー。以後数々のメディアに取り上げられTV、ラジオ出演多数。これまでに2nd「トロイメライ」3rd「Largo-愛の挨拶」計3枚のCDがリリースされている。
2009年には森下仁丹ビフィーナのCMキャラクターに抜擢され、2015年にはキットカットショコラトリーのプレミアムシアター公開日にはアンバサターに選ばれBillboard Tokyoにて行われた記者発表会に出席、2016年5月にはスイスルツェルンの高級時計ブランドCarl.F.BuchererよりPathosWoman Awardを受賞。

2015年には自身としては4thアルバムとなる「エルガー チェロ協奏曲」がSony music Directより発売、2016年9月には5thアルバム発売予定。

2014年よりカメラータ・チューリッヒの stv.ソロ首席チェリストに就任。
同2014年、チューリッヒを中心に人気のクレズマーバンドCheibe Balaganのメンバーとなる。現在はスイスを拠点にソリスト、室内楽奏者、クレズマー奏者として活動している。

(株)日本ヴァイオリンより名器特別貸与者としてC.F.Landolfiを貸与されている。

塚越慎子(マリンバ)

プロフィールCLICK
Noriko Tsukagoshi, Marimba
国内外の数々のコンクールで受賞歴を誇る、現在最も注目を集めるマリンバ奏者。国際的指揮者シャルル・デュトワ氏は “私の知る限り、塚越慎子ほど素晴らしいマリンバの演奏を聴いたことがない。” と絶賛した。
ソロ活動の他、東京フィル、宮崎国際音楽祭祝祭管ほかと共演し、高い評価を得ている。2009年には世界最大の打楽器フェスティヴァルであるPASIC(国際打楽器協会インターナショナルコンヴェンション)においてマリンバソリストとして出演した。
国立音楽大学を首席で卒業。これまでに、第8回日本クラシック音楽コンクール打楽器部門第1位(1998年)、第2回国際マリンバコンクール(ベルギー)第2位(2004年)、第4回世界マリンバコンクール(上海)にて「The Talent Award」(2005年)、第22回日本打楽器協会新人演奏会にてグランプリ(2006年)、第2回パリ国際マリンバコンクール(フランス)第1位(2006年)を受賞。2008年より2010年までアメリカ、ノーステキサス州立大学にて研鑽を積む。
CDはこれまでに2枚リリース。デビューCD「DEAR MARIMBA」は、「レコード芸術」誌で特選盤に選ばれた。
第22回出光音楽賞受賞。
①6月3日(金)
時間 18:00-19:00(開場17:30)
会場 国立新美術館 3階講堂
定員 260名(先着順、申込不要)
その他 入場無料
②6月17日(金)
時間 18:30-19:30(開場18:00)
会場 国立新美術館 1階ロビー
その他 座席には限りがあります(140席)。先着順(申込不要)
入場無料
報道の取材が入ります。予めご了承下さい。

解説付映画上映会  ジャン・ルノワール「フレンチ・カンカン」こちらのイベントは終了しました。

フレンチカンカン
日時 6月18日(土) 14:00-16:00(開場13:30)
解説 岡田秀則(東京国立近代美術館フィルムセンター主任研究員)、約20分
映画上映 ブルーレイ上映、約100分
会場 国立新美術館 3階講堂
定員 260名(先着順、申込不要)
その他 視聴、聴講は無料。本展の観覧券(半券可)が必要です
こちらのイベントは終了しました。

[館外講演・セッション] WOMAN EXPO TOKYO 2016

NIKKEI STYLE Presents 「なぜルノワールは母子像を描いたか?」

馬渕明子さん

ピエール・オーギュスト・ルノワール
《母性》あるいは《乳飲み子(ルノワール夫人と息子ピエール)》
1885年 油彩、カンヴァス 92 × 72 cm オルセー美術館
© RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

日時 5月22日(日) 10:30-11:15
講師

馬渕明子(独立行政法人国立美術館理事長、国立西洋美術館長)

プロフィールCLICK
まぶち あきこ
東京大学教養学部フランス科卒業。東京大学大学院、パリ第四大学大学院博士課程で美術史を学ぶ。東京大学助手、国立西洋美術館主任研究官、日本女子大学人間社会学部教授等をへて現職。日本サッカー協会副会長、日本女子サッカーリーグ理事長。
会場 東京ミッドタウン ホール&カンファレンス Room 5,6
(〒107-0052 東京都港区赤坂9-7 )
その他 聴講無料
詳しくはこちらから
こちらのイベントは終了しました。

[ 館外トークイベント] 藝術学舎夏季講座 「次にオルセー美術館に行くときのために」プレ講座

「息子に贈ることば、父と交わす会話」

ルノワールの息子で映画監督のジャン・ルノワールが父について語った「わが父ルノワール」、作家の辻仁成さんのご著書「息子に贈ることば」を中心に、父と子の会話、それぞれの創作などについて辻さんにお話を伺っていきます。

辻仁成さん

辻仁成

鈴木芳雄さん

鈴木芳雄

日時 4月27日(水) 19:00-20:30(開場18:30)
講師

辻仁成(作家)

プロフィールCLICK
つじ ひとなり
東京都生まれ。 1989年『ピアニシモ』ですばる文学賞を受賞。1997年『海峡の光』で芥川賞、1999年『白仏』のフランス語翻訳版「Le Bouddha blanc」で、仏フェミナ賞・外国小説賞を日本人として初めて受賞。著作はフランス、ドイツ、スペイン、イタリア、韓国、中国をはじめ各国で翻訳されている。著書に『太陽待ち』『サヨナライツカ』『右岸』『永遠者』『クロエとエンゾー』『日付変更線』など多数。近著に『息子に贈ることば』『パリのムスコめし』、監督作品として映画『TOKYO DECIBELS』(ファニーパンドラ)がある。
ミュージシャン、映画監督、演出家としても活躍。パリ在住。
聞き手

鈴木芳雄(編集者/美術ジャーナリスト)

プロフィールCLICK
すずき よしお
東京都生まれ。慶應義塾大学卒業。2010年3月まで雑誌 『BRUTUS』副編集長を10年間務める。主な仕事に「奈良美智、 村上隆は世界言語だ!」「杉本博司を知っていますか?」 「若冲を見たか?」「緊急特集 井上雄彦」「仏像」など。
現在はフリーランス編集者として活動する傍ら、愛知県立芸術大学客員教授を務める。
会場 京都造形芸術大学×東北芸術工科大学 外苑キャンパス
(東京都港区北青山1-7-15)
https://gakusha.jp/access/
定員 200名(先着順、申込不要)
その他 聴講無料

PAGETOP