ニュース&トピックス

入場者60万人を達成

2016年8月16日 

国立新美術館(東京・六本木)で開催中の「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」の入場者が8月15日、累計で60万人を超えました。60万人目となったのは研究員の大曽根悠さん(31)。国立新美術館の青木保館長から展覧会図録、展覧会オリジナルトートバッグ、《ピアノを弾く少女たち》の額絵、猫のぬいぐるみが贈られました。家族と来館した大曽根さんは「以前から関心のあった展覧会。《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》の初来日を妻も娘も楽しみにしていた。」と語りました。

金曜日・土曜日は夜間開館です

2016年8月10日

「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」は8月の金曜日・土曜日は20時まで開館しています(入場は19時30分まで)。 会期末まで無休、8月16日(火)も開館しています。
22日の閉幕まであとわずか。是非お越しください。

夜間会館

図録とルノワール展オリジナルハコスコ セット販売のお知らせ

2016年8月9日

「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」ショップでは、展覧会図録とルノワール展オリジナルハコスコのセット販売を8月12日(金)より開始します。定価3,900円(税込)のところ3,300円(税込)でご購入いただける大変お買い得なセットです。この機会に是非お買い求めください。
また、セットで購入されたお客様でご希望の方には、ルノワール展のポスター(サイズ:B1、B2、B3のいずれか)を差し上げます。※ポスタープレゼントはなくなり次第終了します。

図録とオリジナルハコスコ セット販売

ワークショップ『舞踏会の折り紙細工』を開催しました。

2016年8月8日

国立新美術館(東京・六本木)で開催中の「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」では、8月7日(日)、ワークショップ『舞踏会の折り紙細工』が開催され、約90名の親子が参加されました。
1つの折り紙から扇子、おかめ、福助と三つの作品が完成する絵付き折り紙や、折り紙細工のこうもりなどで折り紙の基本を学んだ後、折り紙細工の人形を作成しました。
完成した折り紙細工を並べ、ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会のような記念撮影も行われ、楽しい夏休みの1日となりました。

ワークショップの様子 ワークショップの様子
ワークショップの様子 ワークショップの様子
ワークショップの様子 ワークショップの様子

 

入場者50万人を達成

2016年8月5日 

国立新美術館(東京・六本木)で開催中の「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」の入場者が8月4日、累計で50万人を超えました。
50万人目となったのは、親子で来館した東京都のミリアン・ダルトア・赤穂さんと暖英さん。国立新美術館の青木館長から展覧会図録、展覧会オリジナルトートバッグ、《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》の額絵が贈られました。来日20年になるミリアンさんは、「母国フランスの本物の文化に息子を触れさせたいと思い、一緒に見に来ました」と語りました。

パリ在住で作家の辻仁成さんにルノワール展についてお話をうかがいました。

2016年8月1日

オルセー美術館にほど近いパリの中心地で、
長年創作活動を続けておられる辻 仁成さんに
ルノワール展についてお話をうかがいました。

辻 仁成さんインタビューページ


NHK Eテレ『日曜美術館』のアンコール放送が決定しました。

2016年8月1日

7月に放送された日曜美術館「熱烈!傑作ダンギ ルノワール」のアンコール放送が決定しました!
是非ご覧下さい。
8月7日(日)午前9時〜午前9時45分 ※高校野球の放送が中止の場合のみ放送
8月14日(日)午後8時〜午後8時45分
http://www4.nhk.or.jp/nichibi/

『美の巨人たち』で《都会のダンス》と《田舎のダンス》が紹介されます。

2016年7月20日

7月23日(土)22時〜、テレビ東京で放送の『美の巨人たち』で《都会のダンス》と《田舎のダンス》が紹介されます。
《プージヴァルのダンス》とあわせて3枚の同じモチーフの作品を描いたのは何故か?「都会」と「田舎」は何を意味するのか?一貫して「生きる歓び」を描き続けた画家の心に秘められた苦悩と再生の物語をお届けします。是非ご覧ください。
再放送:8月17日 23時〜 BSジャパン
http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/

『L4YOU!』でルノワール展が紹介されます。

2016年7月19日 

7月22日(金)放送の『L4YOU!』(テレビ東京、16時〜)の週末おでかけ情報は、松丸友紀アナウンサーがルノワール展会場をご案内します。是非ご覧ください。

入場者40万人を達成

2016年7月19日

国立新美術館(東京・六本木)で開催中の「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」の入場者が7月15日、累計で40万人を超えました。
40万人目となったのは、親子で来館した神奈川県横浜市の西澤裕香さんと莉里子さん。主催者から展覧会図録、展覧会オリジナルトートバッグ、Tシャツが贈られました。西澤さんは「娘は母と美術鑑賞によく行っています。ルノワールが見たくて、今日初めて国立新美術館に来ました」と語りました。

7月21日(木)の『開運!なんでも鑑定団 極上!お宝サロン』は
ルノワール特集です。

2016年7月14日

7月21日(木)21時~ BSジャパンで放送の『開運!なんでも鑑定団 極上!お宝サロン』はルノワール特集です。
石坂浩二さん、茂木健一郎さん(脳科学者)、永井龍一郎さん(永井画廊代表取締役)、横山由季子さん(国立新美術館アソシエイトフェロー)が様々な視点からルノワールを語りつくします。全編ルノワール展の展示室内で収録された番組は必見です!是非ご覧ください。
http://www.bs-j.co.jp/otakara/index.html

入場者30万人を達成

2016年6月29日

国立新美術館(東京・六本木)で開催中の「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」の入場者が29日、累計で30万人を超えました。30万人目となったのは、東京都江東区の大学生、桑原ももこさん(左)です。友人の中野由梨さん(右)と来館してくれました。おふたりには主催者から展覧会図録などが贈られました。
30万人突破のセレモニーで、居合わせた来場者からの祝福を受けた桑原さんは「大学の授業で美術展に関するリポートが課題になったので、話題のルノワール展を選びました。好きな作品を見つけ、言葉でルノワールの絵を描写したい」と語り、にぎわう展覧会場に入りました。

講演会「服飾史から読み解くルノワール」を開催しました

2016年6月29日

6月24日に内村理奈氏(日本女子大学家政学部被服学科准教授)の講演会を開催しました。 ルノワールの作品や資料を交えながら19世紀のファッションの変遷をご説明いただきました。

内村先生による「ルノワールとパリのモード」はこちらから

NHK Eテレ『日曜美術館』でルノワール特集が放送されます。

2016年6月27日

7月3日(日)午前9時~、NHK Eテレ『日曜美術館』で「熱烈!傑作ダンギ ルノワール」が放送されます。
高階秀爾氏(美術史家)、佐藤可士和氏(クリエイティブ・ディレクター)、大宮エリー氏(演出家・作家)の3人が傑作を選びながら、ルノワールの意外な魅力をひもときます。
是非ご覧ください。
再放送は7月10日(日)午後3時〜(予定)。
http://www4.nhk.or.jp/nichibi/x/2016-07-03/31/1837/1902687/

コンサート 「新倉瞳~ルノワールの美術と音楽~」を開催しました

2016年6月17日

6月3日に続き会場をロビーに移してのコンサート、満員のお客様や取材陣の熱気に包まれる中開演しました。演目は『亡き王女のためのパヴァーヌ』『恋は水色』ほか盛り沢山。演奏後、お客様に曲名をあててもらうなど、嗜好を凝らした楽しいプログラムであっという間の1時間でした。

入場者20万人を達成

2016年6月10日

「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」の入場者が9日、20万人を超えました。
記念すべき20万人目となったのは埼玉県の佐藤恵光美さん。「親子ともルノワールが好きで、娘はパリまで見に行きました。来日した作品を楽しみたい」と語っていただいた佐藤さんには、国立新美術館の南雄介副館長から展覧会図録とオリジナルトートバッグが贈られました。ご来場ありがとうございました!!

「梅雨でもルノワール」キャンペーンを実施します!

2016年6月9日

6月13日(月)~6月30日(木)の平日(休館日を除く)にご入場いただいた先着100名様に、本展オリジナルポストカード(柄は選べません)を、1名様1枚プレゼントします!!
皆様のご来場をお待ちしております。

◇キャンペーン期間 6月13日(月)~ 6月30日(木)の平日(休館日を除く)
◇対象者 期間中の平日(休館日を除く)にご入場の各日先着100名様
◇会場 国立新美術館 企画展示室1E(東京・六本木)
*ポストカードの柄は選べません。あらかじめご了承ください。

 

ルノワール展が東京ミッドタウンとタイアップしました。

2016年6月7日

6月1日(水)〜 6月23日(木)、東京ミッドタウン・ガレリア2階にSNS型サイネージカメラ『ルノワール展カメラ』が設置されるほか、ルノワールが生きた19世紀のファッションと、現代のファッションに共通する美学をテーマにコーディネートされたファッションアイテムを紹介する『ファッションディスプレイ』を開催します。

関連ページ:ルノワールとパリのモード

 

コンサート「新倉瞳~ルノワールの美術と音楽~」を
美術館講堂で開催しました。

2016年6月3日

スイスを拠点に国際的に活躍する実力派チェリスト・新倉瞳さんと今大きな注目を集めるマリンバ奏者・塚越慎子さんによる素敵な共演が実現しました。『亜麻色の髪の乙女』『愛の讃歌』などの演奏のほか、チェロやマリンバの魅力、ルノワール展の楽しみ方など満員のお客様にお話いただきました。

 

国立新美術館に『ルノワール展CAMERA』を設置しました。

2016年5月26日

SNS型サイネージカメラ『ルノワール展カメラ』を国立新美術館のルノワール展会場内休憩コーナーに設置しました。ルノワールの絵の中に入って写真を撮影、撮った写真はQRコードでダウンロードできます。『ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会』などフレームは3種類。
ルノワール展にご来場の際には、是非お試しください!

※会場の混雑状況により予告なく一時中断、または終了など変更になる可能性がございます。

入場者10万人を達成!

2016年5月19日

「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」の入場者が10万人を達成し、18日にセレモニーが行われました。セレモニーに参加されたのは、静岡県からお越しの渡辺美代子さん。ご家族と来館された渡辺さんには、国立新美術館の青木館長より、記念品の展覧会図録とトートバックが贈呈されました。渡辺さんは「朝一番の新幹線で来ました。初来日の絵がたくさんあり、楽しみです。」と語っていました。

二子玉川蔦屋家電で『ルノワール展CAMERA』実施中です。

2016年5月2日

4月30日(土)から5月19日(木)まで、二子玉川蔦屋家電2階のギャラリースペースで、SNS型サイネージカメラ『ルノワール展CAMERA』を実施中です。ルノワールの作品に入って写真が撮れます。《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》ほかフレームは3種類。
期間中、蔦屋家電ではルノワール展出品作品のパネル展も開催しています。是非お越しください。
http://real.tsite.jp/futakotamagawa/event/2016/04/post-134.html

 

 

BSジャパンでルノワールの特別番組を放送します。

2016年4月18日

4月23日(土)夜9時〜、BSジャパンにて特別番組 「色彩の魔術 ルノワール 〜田中麗奈が印象派の巨匠と出会う旅〜」が放送されます。
《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》ほか本展に出品される作品も多数紹介されます。 是非ご覧ください。
http://www.bs-j.co.jp/official/orsay2/

 

BSジャパンでオルセー美術館の特別番組を放送します。

2016年3月3日

3月5日(土)夜9時〜、BSジャパンにて本展に出品される作品を多数所蔵するオルセー美術館の特別番組「麗しのオルセー 田中麗奈が美の殿堂の魅力に迫る」が放送されます。
是非ご覧ください。
http://www.bs-j.co.jp/official/orsay/

 

イベント情報を掲載しました。

2016年1月28日

イベント情報(記念講演会、担当研究員による展覧会レクチャー、ワークショップ、コンサート)を掲載しました。

 

詳しくは、イベント情報ページをご覧ください。

お得な早割ペアチケット(期間限定販売)などの前売券販売を開始しました。

2016年1月27日

会期中いつでも利用可能なお得な早割ペアチケット(期間限定販売)、《ジュリー・マネ》の猫をモチーフにしたぬいぐるみ付きチケット、フランスのパティスリー「アンリ・ルルー」とタイアップした本展限定ガレット付6月限定チケットを好評販売中!

 

詳しくは、チケット情報ページをご覧ください。

オルセー美術館の絵画部門主任学芸員で、本展監修者でもあるシルヴィ・パトリさんに本展の見どころをうかがいました。

2015年10月28日


シルヴィ・パトリさん
本展は作品の質、量ともに特別なルノワール展です。

まず、フランスを代表するオルセー美術館とオランジュリー美術館の傑作が勢揃いして、それらの作品を同じ会場で見ることができるというのは、フランスでも体験できない大変貴重な機会です。

そしてなによりオルセー美術館の所蔵作品の中でもめったに他館に貸し出すことのないルノワールの印象派時代の最高傑作《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》が初めて日本で展示されるので、ひとりでも多くの方にご覧いただければ嬉しいです。

本展はルノワールの画業の全体を見渡せる構成になっており、それぞれの時代の傑作が展示される予定です。《田舎のダンス》《都会のダンス》が揃って来日するのは45年ぶり、最晩年の大作《浴女たち》は初来日です。

すべてが特別な『ルノワール展』をお楽しみに!

PAGETOP