ニュース&トピックス

入場者30万人を達成

2016年6月29日 

国立新美術館(東京・六本木)で開催中の「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」の入場者が29日、累計で30万人を超えました。30万人目となったのは、東京都江東区の大学生、桑原ももこさん(左)です。友人の中野由梨さん(右)と来館してくれました。おふたりには主催者から展覧会図録などが贈られました。
30万人突破のセレモニーで、居合わせた来場者からの祝福を受けた桑原さんは「大学の授業で美術展に関するリポートが課題になったので、話題のルノワール展を選びました。好きな作品を見つけ、言葉でルノワールの絵を描写したい」と語り、にぎわう展覧会場に入りました。

講演会「服飾史から読み解くルノワール」を開催しました

2016年6月29日 

6月24日に内村理奈氏(日本女子大学家政学部被服学科准教授)の講演会を開催しました。 ルノワールの作品や資料を交えながら19世紀のファッションの変遷をご説明いただきました。

内村先生による「ルノワールとパリのモード」はこちらから

NHK Eテレ『日曜美術館』でルノワール特集が放送されます。

2016年6月27日 

7月3日(日)午前9時~、NHK Eテレ『日曜美術館』で「熱烈!傑作ダンギ ルノワール」が放送されます。
高階秀爾氏(美術史家)、佐藤可士和氏(クリエイティブ・ディレクター)、大宮エリー氏(演出家・作家)の3人が傑作を選びながら、ルノワールの意外な魅力をひもときます。
是非ご覧ください。
再放送は7月10日(日)午後3時〜(予定)。
http://www4.nhk.or.jp/nichibi/x/2016-07-03/31/1837/1902687/

コンサート 「新倉瞳~ルノワールの美術と音楽~」を開催しました

2016年6月17日 

6月3日に続き会場をロビーに移してのコンサート、満員のお客様や取材陣の熱気に包まれる中開演しました。演目は『亡き王女のためのパヴァーヌ』『恋は水色』ほか盛り沢山。演奏後、お客様に曲名をあててもらうなど、嗜好を凝らした楽しいプログラムであっという間の1時間でした。

入場者20万人を達成

2016年6月10日 

「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」の入場者が9日、20万人を超えました。
記念すべき20万人目となったのは埼玉県の佐藤恵光美さん。「親子ともルノワールが好きで、娘はパリまで見に行きました。来日した作品を楽しみたい」と語っていただいた佐藤さんには、国立新美術館の南雄介副館長から展覧会図録とオリジナルトートバッグが贈られました。ご来場ありがとうございました!!

 

「梅雨でもルノワール」キャンペーンを実施します!

2016年6月9日 

6月13日(月)~6月30日(木)の平日(休館日を除く)にご入場いただいた先着100名様に、本展オリジナルポストカード(柄は選べません)を、1名様1枚プレゼントします!!
皆様のご来場をお待ちしております。

◇キャンペーン期間 6月13日(月)~ 6月30日(木)の平日(休館日を除く)
◇対象者 期間中の平日(休館日を除く)にご入場の各日先着100名様
◇会場 国立新美術館 企画展示室1E(東京・六本木)
*ポストカードの柄は選べません。あらかじめご了承ください。

 

ルノワール展が東京ミッドタウンとタイアップしました。

2016年6月7日 

6月1日(水)〜 6月23日(木)、東京ミッドタウン・ガレリア2階にSNS型サイネージカメラ『ルノワール展カメラ』が設置されるほか、ルノワールが生きた19世紀のファッションと、現代のファッションに共通する美学をテーマにコーディネートされたファッションアイテムを紹介する『ファッションディスプレイ』を開催します。

関連ページ:ルノワールとパリのモード

 

コンサート「新倉瞳~ルノワールの美術と音楽~」を
美術館講堂で開催しました。

2016年6月3日 

スイスを拠点に国際的に活躍する実力派チェリスト・新倉瞳さんと今大きな注目を集めるマリンバ奏者・塚越慎子さんによる素敵な共演が実現しました。『亜麻色の髪の乙女』『愛の讃歌』などの演奏のほか、チェロやマリンバの魅力、ルノワール展の楽しみ方など満員のお客様にお話いただきました。

 

PAGETOP